毛穴ケア、毎日の洗顔でできることは?

毛穴の汚れや黒ずみのない、毛穴レスな美肌を
目指すには、毎日の洗顔が基本になります。

毎日行うことなので、しっかりポイントをおさえれば、
意識して洗顔でき、美肌を目指せますよ。

■効果的な洗顔方法

ご使用の無添加洗顔石鹸が指定する使用法に従うことが大切ですが、
ここでは、どの洗顔料を使う場合にも共通する事を
ご紹介しています。

【洗顔前のクレンジング】
メイクをした日は、洗顔前に必ずクレンジングで落として下さい。

洗顔料の中には、クレンジングもできると書いてあるものもありますが、
毛穴の奥まで入り込んだファンデーションや、濃いアイメイクなどは
落ちにくいので、クレンジングで落とす必要があります。

毛穴の奥に入ったメイクはきちんと落とさないと、角栓として
どんどん溜まって、黒ずみになってしまいます。

また、時間がある時には、蒸しタオルで毛穴を開かせてからクレンジング
を行うとより効果的です。それが面倒な場合は、浴槽につかり、
蒸気で肌を温めても効果があります。

【洗顔法】
①予備洗い
洗顔料を使用する前に、顔の表面についた汚れを、ぬるま湯で
さっときれいに洗い流しましょう。

但し、肌を擦ると傷つけてしまうので、軽く大まかに
流すようにしましょう。

②洗顔料を泡立てる
毛穴の汚れや黒ずみをしっかり取るには、しっかりした濃密な
泡を作ると効果的。

洗顔料の泡立て方は、下記に詳しくご説明しますので、それを
ご参照ください。

③泡で洗う
泡を手に取ったら、肌に乗せます。

手で直接肌を擦らず、泡を動かして、泡で洗うイメージで洗って下さい。

特に毛穴の気になる小鼻周りなどは、クルクルと円を描く様に
泡で洗います。

④ぬるま湯ですすぐ
最後にぬるま湯で洗い流します。

この時、冷たすぎる水だと、皮脂汚れが取れにくかったり、
逆に熱すぎると、肌を傷めたり乾燥の原因になり、黒ずみや毛穴の
開きを悪化させてしまいます。

お湯の温度に注意しましょう。

⑤肌の引き締めと保湿
洗顔後、汚れが取れて開いた毛穴をそのままにしていると、
すぐにまた汚れが詰まって黒ずみの原因になります。

なので、洗顔後はすぐに化粧水で肌を引き締め、保湿をして、
肌を保護してあげましょう。

※洗顔料の泡立て方

洗顔料には、固形石鹸や、クリーム状、ジェル状など色んな炭酸クレンジングがありますが、
どれも、しっかりとキメ細かな泡を作ることが大切です。

肌に乗せてすぐにつぶれてしまう泡では、毛穴の汚れを吸着したり、
浮かせ取ることができないので、弾力性のある濃密なモコモコ泡を
作るのがポイント。

泡立てネットを使って泡立てると、スピーディーに良質な泡を
作れるので、できれば利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です