様々なタイプがある!市販の美容液パック

美容液パックは、近年、スキンケアの一つとして取り入れている人が
増えていますが、どんな商品があるのでしょうか?

美容液パックと言うと、シート状のものというイメージが強いかと
思いますが、今では、色んな肌トラブルなどを考えて作られた
商品が販売されるようになりました。

■日々のスキンケアとしてコスパ優先の美容液パック

一番多くの方が利用しているのが、プチプラのシート状の美容液パックでしょう。

このタイプは、韓国コスメが発端となり、多くの女性が利用する
ようになりました。

プチプラなので、毎日のケアに使えて需要も高くなっています。

保湿のため、リラックスのために使用されている方も多いでしょう。

美容液パックは、肌に蓋をする形で成分が浸透するので、
保湿作用が高く、効果を実感できやすいのも人気の理由となってます。

ながらスキンケアというのも多忙な女性に嬉しい点。

最近は、20~30枚も入った大容量サイズの美容液パックも販売
されていて、コスパが良いのも魅力です。

肌に逆に負担をかけない様に、肌状態を見ながら使うのが、
美肌を保つ秘訣ですよ。

■通販限定の高品質美容液パック

美容液パックは、一般的なドラッグストアで売られているものだけではなく、
通販限定で売られているものもたくさんあります。

通販限定の美容液パックは、高級志向で高品質なのが特徴的。

それぞれに肌質にあったものを選べますし、成分やシート素材に
こだわったものも多いようです。

特に、「ブラビアマスク」という美容液パックには、強い抗酸化成分で
今世界でも注目のフラバンジェノールが含まれていて、年齢が気になり
始めたお肌にぴったりの商品なんです。

また、シート素材にもこだわりがあり、繊維で作られているので、
美容液をたっぷりしみ込み、顔への密着度が高いという特徴もあります。

他には、「美輝肌マスク」という美容液パックがあり、アンチエイジング
効果に優れていて、保水力がヒアルロン酸より高いプロテオグリカンという
成分が含まれています。

また、コエンザイムQ10やスクワランなどの人気の美肌成分が贅沢に
配合されていて、30枚も入った大容量サイズなので、日々のケアに
使用できるコスパも良い商品と言えます。

■塗る美容液パックとは?

美容液パックと言えば、シート状で顔にはって時間を置くものという
イメージが強いでしょう。

でも、現代は時短とコスパが買われる時代。

時短を叶える塗る美容液パックというものもあって、塗って寝るだけで、
翌朝ぷるぷる肌という、お手軽スキンケアなので、せっかちな方や
子育て中の方にぴったりですよ。

毛穴ケア、毎日の洗顔でできることは?

毛穴の汚れや黒ずみのない、毛穴レスな美肌を
目指すには、毎日の洗顔が基本になります。

毎日行うことなので、しっかりポイントをおさえれば、
意識して洗顔でき、美肌を目指せますよ。

■効果的な洗顔方法

ご使用の無添加洗顔石鹸が指定する使用法に従うことが大切ですが、
ここでは、どの洗顔料を使う場合にも共通する事を
ご紹介しています。

【洗顔前のクレンジング】
メイクをした日は、洗顔前に必ずクレンジングで落として下さい。

洗顔料の中には、クレンジングもできると書いてあるものもありますが、
毛穴の奥まで入り込んだファンデーションや、濃いアイメイクなどは
落ちにくいので、クレンジングで落とす必要があります。

毛穴の奥に入ったメイクはきちんと落とさないと、角栓として
どんどん溜まって、黒ずみになってしまいます。

また、時間がある時には、蒸しタオルで毛穴を開かせてからクレンジング
を行うとより効果的です。それが面倒な場合は、浴槽につかり、
蒸気で肌を温めても効果があります。

【洗顔法】
①予備洗い
洗顔料を使用する前に、顔の表面についた汚れを、ぬるま湯で
さっときれいに洗い流しましょう。

但し、肌を擦ると傷つけてしまうので、軽く大まかに
流すようにしましょう。

②洗顔料を泡立てる
毛穴の汚れや黒ずみをしっかり取るには、しっかりした濃密な
泡を作ると効果的。

洗顔料の泡立て方は、下記に詳しくご説明しますので、それを
ご参照ください。

③泡で洗う
泡を手に取ったら、肌に乗せます。

手で直接肌を擦らず、泡を動かして、泡で洗うイメージで洗って下さい。

特に毛穴の気になる小鼻周りなどは、クルクルと円を描く様に
泡で洗います。

④ぬるま湯ですすぐ
最後にぬるま湯で洗い流します。

この時、冷たすぎる水だと、皮脂汚れが取れにくかったり、
逆に熱すぎると、肌を傷めたり乾燥の原因になり、黒ずみや毛穴の
開きを悪化させてしまいます。

お湯の温度に注意しましょう。

⑤肌の引き締めと保湿
洗顔後、汚れが取れて開いた毛穴をそのままにしていると、
すぐにまた汚れが詰まって黒ずみの原因になります。

なので、洗顔後はすぐに化粧水で肌を引き締め、保湿をして、
肌を保護してあげましょう。

※洗顔料の泡立て方

洗顔料には、固形石鹸や、クリーム状、ジェル状など色んな炭酸クレンジングがありますが、
どれも、しっかりとキメ細かな泡を作ることが大切です。

肌に乗せてすぐにつぶれてしまう泡では、毛穴の汚れを吸着したり、
浮かせ取ることができないので、弾力性のある濃密なモコモコ泡を
作るのがポイント。

泡立てネットを使って泡立てると、スピーディーに良質な泡を
作れるので、できれば利用しましょう。